アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2007年9月26日

仔猿のフロント回り

Filed under: 仔猿 — タグ: — い~ぐる @ 10:52 PM

昨日の夜、ハンドルパイプとフロントのワッシャについて疑問を感じていたが、CK Designのささきさんにメールしたら、海外出張にもかかわらず丁寧に返事が来て、ワッシャは1枚でいいということだった。
ただ、ホームセンターなどでステンレスワッシャを入手すればもっといいということだったので、帰りにホームセンターによって、ステンレスワッシャを2枚買う。鉄のワッシャの7倍近い値段の高級ワッシャである。
DSCN0702.JPG
ホームセンターから帰る途中、RZ50のガソリンを入れたが、236km走行で5.9Lであり、約40km/Lのペースを保っている。いつも同じというのもつまらないので、たまには、大きく(良い方に)ぶれてくれないかなぁ・・(笑)
食事が終わって一段落したら早速買ってきたワッシャを組み込む。
DSCN0703.JPG
ワッシャのセンタを出すのが難しいが、これは8mmのビス用にしては、穴が少し大きすぎるからなのかも?7mm用のワッシャを買って少し加工したほうが結果は良いかも?
ハンドルがついたら、次はフロントタイヤとブレーキだ。
DSCN0704.JPG
仮組みの前にコンパウンドとウェスで、メッキ部分を磨こう。
DSCN0705.JPG
ホイールにブレーキとアクスルを仮組みする。バイオリンにも通じるが、最終形態に仕上げる前に必ず仮組みして、問題が生じないことを確かめると良い結果につながる(と思う)
DSCN0706.JPG
次に、フロントタイヤのフォークへの仮組みだ。
これには少々コツが必要。
・アクスルシャフトを抜く
・フロントブレーキのシャフト部分にカラーを置く
・フロントブレーキの長溝をフォークのスタブにセット
・ブレーキ側からアクスルシャフトを入れる。
・反対側に出る前にアルミのカラーをセットして、カラーを通してシャフトを通す。
DSCN0707.JPG
ところが、ここで問題。アクスルシャフトのねじの溝の仕上げが悪く、ねじがねじ込めない。
DSCN0708.JPG
ねじを目立てヤスリできれいにし、スパナとメガネレンチで固定。
DSCN0709.JPG
これで一応フロント周りの仮組み完成だ。
DSCN0710.JPG
細かな部品の取り付けは最後でいいので、とりあえず、今日はここまで。

Powered by WordPress