アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2005年9月5日

XFree86におけるK8M800のオンボードビデオ(解決)

Filed under: Linux — @ 4:37 PM

AMD64では、VIAドライバがなく、VESAドライバではスクリーンが見つからないと
利用できていなかったK8M800のオンボードビデオであるが、
ようやく解決方法が見つかった。

実は、Xorgの6.8.2以降を入れればいいらしいのだが、DebianにXorgを
入れるのは、通常の管理と異なることになるので、X11のような基幹には
正式リリースのもの意外は入れにくい事情があって、手段を探していたのである。

結論から言えば、VESAフレームバッファドライバを使うことで利用できたのである。
フレームバッファを有効にするには、Linuxがブートするところで、
vga=xxxとビデオモードに相当する数値をカーネルに渡す必要がある。
(これはsysctlでも出来そうなのであるが・・)

渡す値であるが、望む解像度によって異なり、職場のLCDディスプレイでは
1024×768 24bitモードに相当する792を渡すことで、X11もきれいに対応して
表示されるようになった。

分かってしまえば簡単であるが、ここま来るのには時間がかかった。

VIAのサイトからVIAフレームバッファドライバを入手して、これでいけるかと
思いきや、これが思い切り32ビットコーディングされていて、64ビットでは
動かないのである。わざわざ修正するのもばかばかしいので、一時はあきらめよう
かと思ったけれど、思い直して、調べた結果、投資を無駄にせずにすんだ(笑)

2005年9月4日

サーバ購入

Filed under: Linux — @ 1:58 AM

散々迷っていたが、結局、

2005年9月2日

VIA K8M800のオンボードビデオ

Filed under: Linux — @ 9:59 PM

職場のマシンでX11がどうにも動かないというので、色々調べてみたが、
どうやら簡単には動きそうもない。

VIAのホームページからフレームバッファドライバを入手して
試してみたが、これも画面が乱れて使い物にならない。

AGPのビデオを外付けしたほうが快適に使えそうな感じである。

DELLの64ビットマシン500台限定で割引になっている。
う~ん、どうしたものやら・・

昨日の打ち合わせでMac使いのO氏にガレージバンドはいいですよ~
なんて、焚きつけられたから、Macも欲しいし、そんなに場所も
時間も(ついでにお金も)余っているわけではないしなぁ

2005年8月31日

DELLのEM64Tサーバ

Filed under: Linux — @ 9:52 AM

PowerEdge SC430にCeleronD 326を乗せて、4万弱の価格になる。
前から家にAMD64アーキテクチャが欲しいと思っているから、魅力的かも?

価格COMで見ても中々こんな値段のEM64Tマシンはないんだよね。
直販デスクトップにはVSPECの最安値マシンEM64T-CD326 SUPER-KITがあって、
同じような構成なら数千円安いが、キットであることと、SATAでない、
発送まで9日かかるなど微妙な価格設定(笑)

問題は、どちらもかなりデカイ!

今、HPのPavillionをおいてある場所に置き換えで置くしかないのだが、
幅的にはかなり無理がありそうだ。

本当はPavillionのCPUを乗せ替えてEM64Tマシンになれば一番いいのだが、
566MHzの旧型Celeronマシンの筐体では、マザーボードを入れ替えても
電源容量も排熱も不足するだろうなぁ。

などと、ホームページを見て遊んでいる場合ではなく、
本当はこれでも色々忙しかったりするのである(笑)

2005年8月14日

64bitパソコンが欲しい

Filed under: Linux — @ 7:50 AM

IntelやAMDがエントリーレベルのCPUまで64ビットにしてきているので
64ビットパソコンはずいぶん安い値段から手に入るようになってきた。

64ビットになると何が変わるのですかと時々聞かれるのであるが、
32ビットで十分な仕事には32ビットの方がベターでしょうと答えることに
している。

実際、AMD64アーキテクチャでは32ビットPAEを拡張したメモリ構造と
なっているので、PAEの欠点をそのまま引きずっていてあまりスマートな
構成ではない。

その点、最初から64ビットで設計されたAlphaアーキテクチャの方が
ずっときれいな設計である。

何よりいけないのは、PAE系のページテーブルエントリは8バイトになって
キャッシュを余分に必要とする点だ。結果として、大きなメモリを
用いるアプリケーションの性能が落ちることになる。
これでは、何のために64ビット化しているのか全然意味不明である。

そこで、Linux Super Pageがこれらのマシンには是非必要な機能なのであるが、
私の手元に開発環境がない(時間もない・・)ので、開発に着手する気に
ならないのである。

職場には2台の64ビットマシンを置いてあるが、これは私が自由には使えない。

ということで、4万を切る値段になってきた64ビットパソコンを買いたいと
思っているところである。

いつそんなものをやる時間があるんだというのは、永遠の課題ではある・・(笑)

2005年7月25日

flex-2.5.31でverilatorがコンパイル失敗する件

Filed under: Linux — @ 8:32 PM

問題点は大きく二つ
1: yytext_ptrがundefineになる。これは、flex.sklでこのマクロを勝手にundefしてしまっているのが問題。この行をコメントアウトで対応
2: yywrapがundefineになる。こいつもどこかで失敗しているはずだが、flex側を触る時間がなかったので、verilator側で
#define yywrap() 1
として、勝手に定義してしまう。

大きな問題ではないのだが、互換性に問題が生じる変更がパッケージに
あるときには、何かしらバックポートの手段があると便利な気がする。

Debianのflex-2.5.31でエラー

Filed under: Linux — @ 8:35 AM

もともとflexのエラーなのだが、パッチが出回っているのを当てずに
そのまま収録しているので、VerilatorをDebian 3.1でコンパイルできない。

自分でパッチを当てたflexを作成することにしよう。

2005年6月9日

Debianのアップグレード

Filed under: Linux — @ 8:35 AM

早速、2台のマシンをアップグレードした。
一台は、Alphaプロセッサのマシン。
これは、アップグレードとあわせてカーネルも更新したら
立ち上がらなくなった。調べると、vmlinuzのシンボリックリンクは
正しく更新されるのだが、initrdのシンボリックリンクは古いまま。
これではまともに動くわけがない。
ユーザが少ないアーキテクチャのメンテナンスは難しいだろうね。
手動でリンクを張りなおし、起動はOK。

が、2.6系のカーネルにするとマウスが動かない。
これも何だかFAQっぽいけれど、とりあえず、2.4系に戻しておく。

もう一台は、サーバに使っているマシン。(PentiumIII)
こちらは、アップグレードにあまり問題がないかと思いきや、
夜になってサーバがダウンしている。。
で、今朝は7時に出勤してサーバメンテナンス。

原因は、古いカーネルのメモリーリークっぽい。
でも、新しいカーネルはインストールすると起動に失敗する。
まともにドキュメントを読む暇もないので、とりあえず、
再起動するだけで様子をみる。
前も同じような現象があったから、抜本対策をする必要があるのだけれど、
マシンのお守りは仕事でもなんでもないから、あまり時間をかけたくない。

2005年6月8日

Debian GNU/Linux 3.1とLSI開発

Filed under: Linux — @ 7:45 AM

ようやく新しいバージョンがでました。
このバージョンはLSI設計用のツールも多くパッケージされています。
普段使っているツールとしては、

verilog Icarus Verilog Verilogコンパイラ
gtkwave GTKwave 波形ビュア
などがありますが、
vbsというVerilogシミュレータもパッケージされているし、
VHDL側でもGHDLというコンパイラが入っています。

さらに、フロントエンドのiviなどもあって、Linuxディストリビューションでは
もっとも品揃えが豊富といえます。

残念ながら、VHDLツールセットのAllianceはパッケージがないのですが、
FPGA開発に使うにはほとんど十分ですね。

もちろん、sfl2vlはないので、
自分でインストールする必要があります。

上のリンクから、tarアーカイブをダウンロードし、展開したら
sfl2vlpkgというディレクトリが作成されるので、その中で
make install
をしてください。

Happy Logic Design!

« Newer Posts

Powered by WordPress