アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2021年1月23日

アプリリアRS250 キャブレターセッティング

Filed under: DIY,アプリリアRS250,機材 — い~ぐる @ 8:01 PM

アプリリアで、100km/Hの巡航に必要な回転数
2速 10500rpm
3速 8000rpm
4速 7000rpm
5速 6000rpm
6速 5500rpm

普段、東名を走る時には6速で走っていますが、5500rpmだとプラグがかぶり気味になって調子が出ないので、昨日は、エンジン内のクリーニングを兼ねて、3速で回転を上げて、少し長めに走ってみました。

アクセル開度が小さい状態で回転を上げるとエンジンが息つきします。
これは、燃調が薄い症状なので、キャブレターのニードルクリップ位置を変更します。

エアクリーナーを外すことになるので、ついでに、エレメントの洗浄もします。

Lバンクのニードルはクリップ2段目になっています。標準は3段ですが、1段にしていたつもりだったので、Lバンクはそのまま2段目にしておきます。
Rバンクはクリップ1段目になっていたのを2段目に濃い方に変更します。標準はどちらも3段ですが、いっぺんに変えると状態がつかみにくいので、少しずつ変更します。

エレメントを洗油で洗浄します。片手でカメラを持っているので、片手作業になっています。この後、カメラを置いて、きちんと洗浄し、2stオイルを染み込ませています。
このグラフを見ると、アプリリア標準の6GH8の方がアクセル開度が小さい時にはよいかなぁ・・

グラフを眺めて、やっぱり方針変更しました。6GH8のニードルで、Lバンク、Rバンクともに、クリップ1段目にして試してみます。西湘バイパス・小田原厚木道路の無料区間を走った限り、これで巡航には問題なさそうです。次の週末に晴れていたら、東名で試してみます。

2021年1月20日

お風呂の揚水ポンプ修理

Filed under: DIY,機材 — い~ぐる @ 10:43 PM

洗濯をしようとしたら、揚水ポンプが動かなかったので、分解して修理を試みます。

結果として、トランスユニットの分解は必要ありませんでした。^-^;

2021年1月17日

アプリリアにバックカメラ装備

Filed under: DIY,アプリリアRS250,機材 — い~ぐる @ 4:27 PM

オートバイ用の防水カメラを後方撮影用に設置してみました。
取り付け場所に迷いましたが、ウインカーステーがちょうど良さそうです。
このカメラ(Biker Elete)は、3万円弱とドラレコとしてはとんでもなく高価で、設定をスマホのアプリから行うとなっていますが、アプリは何度試してもエラーとなって動かず、日時の設定もできません。残念な仕様で、全くお勧めできません。

キーオンで撮影開始します。バックカメラに4Kはいらない気もしますが(笑)

2020年12月31日

Sony TC-6200キャビネットリストア

Filed under: DIY,オーディオ,機材 — い~ぐる @ 5:28 PM

木工に手を付けるのに腰が重く、部屋の隅に長らくリストア途中で放置しているTC-6200ですが、邪魔なので、キャビネットのリストアを進めてキャビネットに収めてしまいます。左が腐ったオリジナルキャビネット、右が新規作成中のキャビネットです。まだ細かな接着をしていません。

部品を糸鋸で切り出して、接着していきます。裏板はドリルで一周穴を開けてから、ナイフで切り出します。

キャビネット補強用の斜めの材は作っていませんが、mm単位の精度では加工できないので、とりあえず、収まるかどうかが問題。接着剤が乾いたら確認してみます。

接着剤が乾いてから、取り付けの微調整を何度かやって、とりあえず収まりました。

これで、部屋の一角がすっきりするかと思ったら・・リストアを中断していた間にいろいろなものが堆積してます。簡単にはいかないですね(笑)

2020年12月28日

スポークの錆取り

Filed under: DIY,オートバイ,機材,洗車 — い~ぐる @ 8:00 PM

RZ50はスポークホイールで、すぐに錆びてしまいます。サンポールで錆を溶かすなどの方法もあるようですが、クレンザーで磨いてみます。

2020年12月27日

アクションカム(Sony HDR-AS300)外部マイクの低感度化改造

Filed under: DIY,アプリリアRS250,技術的なお話,機材,走る — い~ぐる @ 6:27 PM

ソニーのアクションカムHDR-AS300はマイク感度の設定ができず、普通にコンデンサマイクをつなぐと音割れしてひどいことになるので、コンデンサマイクのマイク感度を下げる改造をしました。軽く、小田厚無料区間を走った感じでは、良い感じで音がひろえています。

2020年12月19日

アクションカム (HDR-AS300)に外部マイク設置

Filed under: DIY,アプリリアRS250,機材,走る — い~ぐる @ 2:40 PM

オートバイのドライブレコーダー代わりに、アクションカムを設置して、走行動画を記録しています。このアクションカムは正面にマイクがあって、風切り音が激しいので、風防を作ったりしていましたが、高速を走ると多少の風防では防げないほど風切り音が強いので、オートバイのシートカウルに外部マイクを設置しました。

このマイクを使って、近所を一周回ってアクションカムの動作を確認してみました。

モーターバイブレーションアブソーバーを改良して使っています。

2020年12月11日

LEDヘッドライトバルブ

Filed under: DIY,アプリリアRS250,オートバイ,機材 — い~ぐる @ 10:42 AM

アプリリアのヘッドライトバルブは、ハロゲンランプで、H1という型。バッテリーの負荷が多いUSB電源やETCを付けているので、ヘッドライトの電力消費を減らしたいと考えてLEDヘッドライトにしてみました。中国のAliexpressで購入したものたちは、今ひとつ(1回で切れたり、暗かったり)だったので、アマゾンで比較的評価がよく、保証もあるものにします。



交換してから、まだ1度しか走っていませんが、明るさも十分、レギュレーターがバルブ内にないので、放熱性も良いのではないかな? このまま様子をみていこうと思います。

これまで試してきたバルブたち。左からオリジナルのハロゲンバルブ、中国のサイトから購入したLEDバルブ(1回走ると切れます)、アマゾンで買ったLEDバルブ(自然空冷で冷却フィンが大きく、ダストカバーがハマりません。それに、LEDが暗くて夜は使えない)、今回のLEDバルブ。

2020年12月3日

ソニーのアクションカムに風防

Filed under: DIY,オートバイ,機材 — い~ぐる @ 11:27 PM

HDR-AS300を使っているのですが、付属の防水ケースに入れると電源が取れないので、可動時間が短くなります。そこで、今は、防水ケースから出して、電源を供給しながら使っていますが、防水ケースから出すと風切り音がひどく入ります。

そこで、風防を作ることにしました。材料は100均のプラ板とスポンジ。まずは、アクションカムのレンズとマイクの部分に併せて紙で型紙を作ります。

この型紙をプラ板に貼り付けて切り抜きます。

マイク部分に穴を開けて、スポンジを貼り付けます。

カメラに設置してみます。差し込んでいるだけなので、振動で落ちるかも?

2020年8月9日

エレキギターを安価に組み立てられるか?

Filed under: DIY,ギター,機材 — い~ぐる @ 7:00 PM

アマゾンで部品が案外安く出ているので、いくらあればギターが組み立てられるか部品リストを作ってみます。

まずは、エレキギターの心臓部であるピックアップと配線一式。1,179円!

次にギターネック。1,589円!

ボディはちょっと高い。3,381円

ブリッジは、1250円

チューニングペグ 895円

ジャックプレートとジャックセット 158円+送料190円

この他、配線材とかストリングテンショナーとか、塗料とか必要ですが、お好みで。計8,642円で一通りの部品が揃いそうですね。

でも、完成品で初心者用のセット(アンプ、譜面台、チューナー、ケースなどが付属)が11,900円で買えるのに、自分で組む価値があるのかは微妙か?(笑)

Older Posts »

Powered by WordPress