アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2020年8月6日

マーシャルのミニギターアンプ MS-2

Filed under: ギター,技術的なお話,機材 — い~ぐる @ 11:42 PM

おそらく購入したのは20年くらい前ですが、未だに現役で売られていますね。電気製品にしては異例に長寿命製品です。

買ってから、音がどうも趣味じゃないのでほとんど出番がなかったのですが、机の上にちょこんと乗る小ささとオブジェとしても秀逸なデザインに、リビングで軽く音を出すのに使えるかも?と引っ張り出してきました。

ストラトやテレキャスタイプのシングルコイルのクリーントーンはそこそこの音質ですが、ボリュームマックスでも音量が低すぎるのと、低音源がほとんど聞こえません。一方、レスポールタイプのハムバッカーだと汚らしく歪んだ音が出て気持ち悪い。やっぱり、使えない?と思いながら、ネットを漁るとこのアンプの回路図を書き起こしてくれた人がいます。回路図を参考に改造を検討します。

パワーアンプの3ピンのフィードバック抵抗を変更し、パワーアンプのゲインを上げれば、シングルコイルの音量を確保できそうです。それとスピーカーへのコンデンサの容量やパワーアンプへのDCカットコンデンサ容量を変化させて、低音の音量を確保させましょう。問題はハムバッカーの歪みですが、回路上は特に問題となりそうなところは見つかりません。

分解して部品をチェックしていたら、C14のコンデンサの極性が間違って実装してあることに気が付きました!

これでは、まともに動作しないですね。ということで、この部分を修正して、電解コンデンサを全部交換、フィードバック抵抗を小さくして改造終了です。

改造前の試奏動画は

MS-2改造前

次に改造後の試奏です。

不快な歪が消えて、使う気になるものになりました。よかったよかった。ちなみに、回路図には、さらなる改造用にトランジスタまわりに赤ペンを入れていますが、クリーントーン以外で使う予定がないので、オーバードライブ用のトランジスタまわりの改造はしていません。エミッタのコンデンサ追加でかなりのゲインアップになるはずです。

2020年7月24日

Jazzのスタンダード曲集

Filed under: 書籍紹介,音楽 — い~ぐる @ 8:00 AM

The Real Bookという本が世界的に標準的なJazzのスタンダード曲集ということらしいです。

アマゾンにありますが、なぜかアダルトジャンルになっている?不思議だ~

2020年7月12日

ブルースを始めてみたい・・

Filed under: ギター,書籍紹介 — い~ぐる @ 11:59 PM

ギターを少しメンテして、使えるようにする予定なので、ブルースを始めてみたいと思いました。

アマゾンで、ブルースの本を検索すると、Youtubeでよく動画を見ているいちむら氏の本が見つかりました。難しく考えず、始めてみましょう😁

2020年7月3日

メルカリでジャンクなフルート購入

Filed under: DIY,フルート — い~ぐる @ 8:41 AM

水道管でフルートを作るのに、歌口の角度とか大きさとか、基準になるものが欲しいと思い、メルカリでジャンクなフルート(送料込み2,500円)を買いました。到着したものを検品すると、あまりにジャンクなので、分解して磨いていこうとしたら・・頭部管にあるはずのコルクと反射板がありません。問い合わせても、ないということなので、いつもの中国のサイトに発注しておきます。
次に、トリルキーが固着して動かないので、ロッドを外そうとしましたが、この外し方に四苦八苦。結局、中国のサイトから工具を注文しました。
専用工具はさすがです。(工具が安物で、一度使ったら曲がったのですが・・)
動きが鈍い部分をアルコールで洗浄し、全体を磨きます。
頭部管の凹みは、鉄の丸棒を使って、なんとか補修を試みます。完全ではないけれど、目立たない程度にはなりました。

2018年11月8日

Tone Poems

Filed under: ギター,書籍紹介 — い~ぐる @ 1:06 PM

David GrismanとTony Riceのブルーグラスの名盤です。
Tone Poems

このCDに合わせて、楽譜も出ています。

Mel Bay Presents Tone Poems for Mandolin (Acoustic Disc Records)Tone Poems Guitar

マンドリンの楽譜は持っていたので、ギターの楽譜をアマゾンに発注したのですが、在庫ありなのに、いつまでたっても発送にならない!

残念ですが、キャンセルすることにします。

2018年10月10日

ストラディヴァリウス300年目のキセキ展

Filed under: コンサート,バイオリン製作,音楽 — い~ぐる @ 11:40 PM

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催している展示会に行ってきました。

六本木ヒルズで開催された展示会

この展示会は、展示だけではなく、トークありミニコンサートあり、充実の内容です。
開催期間が限られていて、なかなか行けないのですが、本日は午前中、抜け出すことが出来たので、お昼の川久保さんの演奏を聴くことが出来ました。
川久保さんは、クライスラーという後期の楽器を使い、愛の挨拶、バッハ・シャコンヌを弾いてくれました。
ナレーターが、楽器の音を比較したいという声があるんですよと話をしたら、主催者の中澤さんが、展示品の全盛期の作品ダ・ヴィンチを持ってきて、川久保さんがシャコンヌの触りだけちょっと弾いてくれました。
チューニングのためにダ・ヴィンチの音を出した途端、川久保さんが「違う!」と驚いていました。

2018年6月26日

ベースアンプ

Filed under: ギター,機材 — い~ぐる @ 7:18 PM

必要かどうか分からないけれど、エレキ系のセッションをするには、ベースアンプを持っていないので気になっていました。(アコースティックのベースはないので)
練習用のVOXのベースアンプは結構評判がよさそうです。
ベースアンプ

値段的には思ったよりやすいのですが、普段使わないのが分かっているものを買うべきかどうか、迷いますね ^-^;

2018年6月3日

チェロの教本

Filed under: ヴァイオリンの本,チェロ — い~ぐる @ 7:25 AM

何もないではスタートが難しいので、ある先生のところに体験レッスンに行ってきました。行くのに2時間弱かかるので、結果として定期的に通うのは断念しましたが、チェロの教本がスズキから出ているのを教えてもらいました。

日本で売られているスズキの教材はCDが付いて3千円くらいしますが、このCDは聴かないようにと生徒には言っていますと先生が言って、聴かないCDが付いて3千円は納得感がないので、洋書を探しました。こっちは千円以下で買えます。

Suzuki Cello School Cello Part, Volume 1

ついでに、チェロの本がお奨めに出てきました。。
チェロに近づく チェロが近づく ~スキルサイエンスによるアプローチ~

アマゾンで買ってみます。

ギターを持ち帰る

Filed under: ギター — い~ぐる @ 12:24 AM

職場への私物の持ち込みにいろいろとうるさく言われるようになってきたので、職場に置きっぱなしにしていた楽器を持って帰りました。この楽器は昨年3月に買って、職場に置きっぱなしにしていたもので、約50年前のEpiponeのSorrentoという楽器です。

自分ではギターは上手には弾けませんが、まさに、このギターそのものを試奏した動画がyoutubeにアップロードされています。

通信販売でこの楽器を見つけて、試奏動画を見て購入を決断したのでした。

2018年6月1日

チェロ

Filed under: チェロ — い~ぐる @ 8:16 AM

音楽室を作ったので、弾ける人がフラッと集まれるように、弦楽アンサンブルに使う楽器をそろえておきたいなと思っていました。
自分で直接弾くわけではなければ、高い楽器を買っても楽器にも申し訳なので、安価なものを探していて、アマゾンで売られていた安価なチェロを検討していました。

Hallstatt チェロ HC-700

でも、結果として購入したのは、中国の通販サイトからでした ^-^;

到着すると、中からカラカラと音が・・・ ダメージを避けるため、駒を外してあったので、当たり前のように魂柱が倒れています ^-^; バイオリン用の魂柱立てと、定規など、家にあるものを動員して、何とかそれっぽい場所に立てることができました。

次に、指板を見ると丸くありません!

驚いて、販売業者に連絡したら、今のチェロは丸くしないのだと、説明するサイトへのリンクと共に返信がありました。かなり驚いたのですが、そういうものなのですね。

とりえあず、組立てして、音楽室の端に置いてみます。

とりあえず、組立てが終わったので、音出ししてみます。初チェロプレイです。

« Newer PostsOlder Posts »

Powered by WordPress