アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2018年10月10日

ストラディヴァリウス300年目のキセキ展

Filed under: コンサート,バイオリン製作,音楽 — い~ぐる @ 11:40 PM

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催している展示会に行ってきました。

六本木ヒルズで開催された展示会

この展示会は、展示だけではなく、トークありミニコンサートあり、充実の内容です。
開催期間が限られていて、なかなか行けないのですが、本日は午前中、抜け出すことが出来たので、お昼の川久保さんの演奏を聴くことが出来ました。
川久保さんは、クライスラーという後期の楽器を使い、愛の挨拶、バッハ・シャコンヌを弾いてくれました。
ナレーターが、楽器の音を比較したいという声があるんですよと話をしたら、主催者の中澤さんが、展示品の全盛期の作品ダ・ヴィンチを持ってきて、川久保さんがシャコンヌの触りだけちょっと弾いてくれました。
チューニングのためにダ・ヴィンチの音を出した途端、川久保さんが「違う!」と驚いていました。

2018年6月26日

ベースアンプ

Filed under: ギター,機材 — い~ぐる @ 7:18 PM

必要かどうか分からないけれど、エレキ系のセッションをするには、ベースアンプを持っていないので気になっていました。(アコースティックのベースはないので)
練習用のVOXのベースアンプは結構評判がよさそうです。
ベースアンプ

値段的には思ったよりやすいのですが、普段使わないのが分かっているものを買うべきかどうか、迷いますね ^-^;

2018年6月3日

チェロの教本

Filed under: ヴァイオリンの本,チェロ — い~ぐる @ 7:25 AM

何もないではスタートが難しいので、ある先生のところに体験レッスンに行ってきました。行くのに2時間弱かかるので、結果として定期的に通うのは断念しましたが、チェロの教本がスズキから出ているのを教えてもらいました。

日本で売られているスズキの教材はCDが付いて3千円くらいしますが、このCDは聴かないようにと生徒には言っていますと先生が言って、聴かないCDが付いて3千円は納得感がないので、洋書を探しました。こっちは千円以下で買えます。

Suzuki Cello School Cello Part, Volume 1

ついでに、チェロの本がお奨めに出てきました。。
チェロに近づく チェロが近づく ~スキルサイエンスによるアプローチ~

アマゾンで買ってみます。

ギターを持ち帰る

Filed under: ギター — い~ぐる @ 12:24 AM

職場への私物の持ち込みにいろいろとうるさく言われるようになってきたので、職場に置きっぱなしにしていた楽器を持って帰りました。この楽器は昨年3月に買って、職場に置きっぱなしにしていたもので、約50年前のEpiponeのSorrentoという楽器です。

自分ではギターは上手には弾けませんが、まさに、このギターそのものを試奏した動画がyoutubeにアップロードされています。

通信販売でこの楽器を見つけて、試奏動画を見て購入を決断したのでした。

2018年6月1日

チェロ

Filed under: チェロ — い~ぐる @ 8:16 AM

音楽室を作ったので、弾ける人がフラッと集まれるように、弦楽アンサンブルに使う楽器をそろえておきたいなと思っていました。
自分で直接弾くわけではなければ、高い楽器を買っても楽器にも申し訳なので、安価なものを探していて、アマゾンで売られていた安価なチェロを検討していました。

Hallstatt チェロ HC-700

でも、結果として購入したのは、中国の通販サイトからでした ^-^;

到着すると、中からカラカラと音が・・・ ダメージを避けるため、駒を外してあったので、当たり前のように魂柱が倒れています ^-^; バイオリン用の魂柱立てと、定規など、家にあるものを動員して、何とかそれっぽい場所に立てることができました。

次に、指板を見ると丸くありません!

驚いて、販売業者に連絡したら、今のチェロは丸くしないのだと、説明するサイトへのリンクと共に返信がありました。かなり驚いたのですが、そういうものなのですね。

とりえあず、組立てして、音楽室の端に置いてみます。

とりあえず、組立てが終わったので、音出ししてみます。初チェロプレイです。

2017年4月23日

ギター、リペアしてもらう

Filed under: ギター,機材 — い~ぐる @ 9:04 PM

中学の時に買ったヤマハのFG-200Jのリペアが完成して戻ってきました。
ネックはストレートだったのですが、もとから高かった弦高が、ボディの膨らみでさらに高くなり、ネックリセット必須ということで、ちょっと金額的には高額になりました。自分でやることも考えたのですが、FGの再生に慣れていそうなギター屋さんを見つけたので、お願いしました。
ナットとサドルも牛骨にグレードアップしての帰還です。
さっそく、軽く弾いてみます。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


これを機会にギターをきちんとやり直そうかな。。
コピー&タブ譜 エリック・クラプトン ソングブック COPY&TABLATURE ERIC CLAPTON SONGBOOK

とか、

CD BOOK ギター・ソロ 初心者脱出! 宮崎駿&スタジオジブリ (楽譜)

とか

ギタリスト養成塾 はじめての ソロギター入門 模範演奏CD2枚付 ソロギターのためのパーフェクトガイド

2017年2月18日

ラズベリーパイの書籍

Filed under: ギター,技術的なお話,書籍紹介 — い~ぐる @ 11:46 AM

これはがっつり読むのに値しそうです。

Raspberry Pi Computer Architecture Essentials

2016年8月23日

大きな葛篭

Filed under: ギター — い~ぐる @ 12:24 PM

休暇明けに、大きな葛篭が届きました。
今年は、スズメに餌をあげたりしていたから、恩返しかも? ^-^?

HOSCO ドレッドノートギターキット ローズウッドバック&サイド GR-KIT-D3

2015年4月27日

ギター

Filed under: ギター — い~ぐる @ 2:00 AM

作りかけてほったらかしていたギターを、細部は置いておいて、一気に音が出せるところまで進めました。

IMGP2309

IMGP2308

2014年1月29日

茜の色素で

Filed under: ギター — い~ぐる @ 7:58 AM

茜の色素であるアリザリンを使って、ギターの着色をしようとしています。
茜なので、茜色になってほしいのですが、なかなか思うような色になりません。
IMGP3523
茜で布を染めるときには媒染として、ミョウバンを使うので、やはり、ミョウバンを使わないと赤くならないのかも?

ミョウバンはアルコールに溶けないので、どうするか検討中。。。
(more…)

Older Posts »

Powered by WordPress