アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2021年6月3日

獣でなぜ悪い

Filed under: 書籍紹介,読書感想 — い~ぐる @ 10:23 PM

図書館でたまたまタイトルに惹かれて借りた園子温の本

最初の方は女優の話などをダラダラ書いていて、あまり読みすすめる気が起きなかったけれど、後半になって、文化や社会、生き方が生き生きと記述され、一気に読んでしまった。古典を読めという主張にも賛同。

彼の映画にも興味が出てきたけれど、図書館においてあるかな?

2021年4月27日

図書館でフランス絡みの本を借りる

Filed under: 書籍紹介 — い~ぐる @ 10:40 PM

なんとなく、借りてみましたが、ずっと忙しく、時間的に読みきれないかも?
フジタの髪型は貧乏で理髪店に行く金がなく、自分で切った結果らしい・・
フジタに似ているといわれたことのある私も、自分で切っているけれど(笑)

藤田嗣治がわかれば絵画がわかる (NHK出版新書 559)


チーズの歴史 5000年の味わい豊かな物語 (P‐Vine BOOKs)

2021年4月18日

ヴァイオリン自由自在

Filed under: バイオリン練習,書籍紹介 — い~ぐる @ 10:50 AM

図書館で借りた本ですが、プロローグに、人一番成長の遅い生徒だったからこそ、「できない人たちの気持ちが理解できる」書かれていて、この人に教わると効率的かも?と思わせる本でした。もう少し読んでみて、よければ自分でも買おうと思います。

2021年3月3日

スマホ脳

Filed under: 書籍紹介 — い~ぐる @ 11:15 PM

人類の発達史とからめてスマホの影響を議論している本。図書館には見つからなかったので、購入してみようと思います。

2020年12月12日

山田正紀:デス・レター

Filed under: 書籍紹介,読書感想 — い~ぐる @ 9:56 AM

久々に、著者の本を読みました。デビュー作「神狩り」のようにスピード感ある話の展開に、引き込まれるように読み切ってしまいました。最後のオチは自分的には納得感がないのですが、これを含め、面白いSF(?)です。

2020年11月15日

美しい生物学講義

Filed under: 書籍紹介 — い~ぐる @ 6:59 AM

出ていることを知りませんでしたが、ダイヤモンド・オンラインに著者と出口氏の対談が出ていて興味を持ちました。

生物学を楽しく俯瞰することができるドーキンス以来のベストセラーになっているそうです。記事の著者によると「子ども電話相談室が好きな大人が読む本」ということです。

2020年10月4日

旧約聖書外典

Filed under: 書籍紹介 — い~ぐる @ 10:05 PM

エノク書を探して、この文庫に当たりました。

聖書の外典は、話として聖書よりも面白そうなものも多そうです。

2020年7月24日

Jazzのスタンダード曲集

Filed under: 書籍紹介,音楽 — い~ぐる @ 8:00 AM

The Real Bookという本が世界的に標準的なJazzのスタンダード曲集ということらしいです。

アマゾンにありますが、なぜかアダルトジャンルになっている?不思議だ~

2020年7月12日

ブルースを始めてみたい・・

Filed under: ギター,書籍紹介 — い~ぐる @ 11:59 PM

ギターを少しメンテして、使えるようにする予定なので、ブルースを始めてみたいと思いました。

アマゾンで、ブルースの本を検索すると、Youtubeでよく動画を見ているいちむら氏の本が見つかりました。難しく考えず、始めてみましょう😁

2020年1月22日

父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え

Filed under: 投資,書籍紹介 — い~ぐる @ 8:42 AM

ネットニュースでレビューをみたのですが、私の考え方に近いものがあり、この本なら若い人たちにおすすめできるかもしれません。(まだ読んでいませんけど)

最近は、でたらめな投資の本が減ってきて、日本でもまともな投資をするための情報が増えてきてよいですね。軽く読める良い本が増えてくれるとタンス預金などの馬鹿げた行為がなくなってよいかもしれません。

Older Posts »

Powered by WordPress