アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2018年10月24日

トマト缶の黒い真実

Filed under: 書籍紹介,読書感想 — い~ぐる @ 10:47 AM

アマゾンに潜入してルポを書いて一躍有名になった、フランス人ジャーナリスト・マレのノンフィクションです。
中国が世界中の濃縮トマト(混ぜもの入り)を牛耳っていき、トマト加工品のいかなるものも安全ではないと思わせるものです。
南イタリアに「トマト加工工場」の一大拠点があり、ここでは、中国から3倍濃縮のトマト缶に(水だけでない)混ぜ物を加えて2倍濃縮の「イタリア産」トマト缶として、世界中に出荷されていきます。
ブラックインキという腐って真っ黒になったトマトペーストも、混ぜものと化学薬品で食品に加工され出荷されるという衝撃のルポになっています。

先日買った、レトルトのミートソースの味が少しおかしいと感じたので、もしかして、ブラックインキかも?

トマト缶の黒い真実 (ヒストリカル・スタディーズ)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Powered by WordPress