アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2016年8月10日

読書日記

Filed under: 書籍紹介,未分類,読書感想 — い~ぐる @ 8:39 AM

新刊本コーナーに1000億の針という本がありましたが、この本の続編ということなので、まずはこちらを借りました。
生物の体内に寄生する知的寄生生物が同族の犯罪者を追い地球にやってきて、主人公に寄生して、力を合わせて見つけ出し、追い詰めるSF。
寄生して酸素や食料をもらう代わりに、体内に侵入する病原体を排除したり、怪我の出血を抑えたり、こんな子なら是非一緒にいて欲しいと思える異星人です ^-^

20億の針【新訳版】 (創元SF文庫)

こちらも、SF。50年ごとに発現する巨大プランクトンによる被害により、人口の減少と経済の減退が起きているコロニーを買収した機構と、機構に反発し対抗する主人公とその恋人の活躍を描いていますが、最後のどんでん返しが・・

ブロントメク! (河出文庫)

新刊本コーナーで、あまり考えず選んだら、江戸時代を背景とした恋愛小説でした。町屋の人たちの生活がいきいきと描かれていて楽しく読めます。
なみだ縮緬―着物始末暦〈5〉 (時代小説文庫)

虚構の忍者ではなく、資料に残った実際の忍者の話をまとめるという趣旨の本です。それだけに地味ですけど、一子相伝の技は資料に書き残すことも禁じられていたので、技の話はあまり詳しくは出てきません。
忍者の歴史 (角川選書)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Powered by WordPress