アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2014年7月16日

週末をロンドンで

Filed under: つれづれなるまま — い~ぐる @ 6:00 AM

毎月のように参加しているPolyglotクラブのバス旅行ですが、先週末は3連休で、ロンドンに行きました。
バス旅行なので、カレからドーバーまではフェリーを使います。
IMGP5077
ドーバーからロンドンまでも、結構、距離がありますが、Togo人のチャールズと話しながらバスは進みます。
IMGP5081
初日は博物館も美術館も終わった時間に到着したので、みんなで、ロンドンの街を歩きました。
IMGP5137

IMGP5156

IMGP5112
日が暮れてくると、いい感じの場所が増えます。
IMGP5158

IMGP5136
みんなが日本食レストランで高いテイクアウトを食べようとしていた時に、ベトナム系フランス人のPJと僕はパスして他の場所で探すことにしましたが、結局、PJは僕が少し離れた隙に同じレストランで焼きそばをオーダーして、食べなかったのは僕だけになりましたが、すぐに移動するというので、その後、ランデブー場所のパブに移動しました。
IMGP5168
ここでも、食事の時間は終わっていて、飲み物しかありませんでした。一人、チョコレートビールを飲んでいる人がいて、一口味見させてもらいましたが、ちょっと、口には合いませんでした(^^;)
IMGP5166

IMGP5177この夜は、コンビニでサモサを食べただけに・・。
次の朝は、ベーカーストリートに向かいます。
IMGP5189
IMGP5275
お目当てはこの人。
IMGP5196
作品中のアパートはないのですが、同じ通りの少し離れた場所に19世紀のアパートが残っていて、博物館になっています。
IMGP5208

IMGP5212

IMGP5273
午後は大英博物館に回ります。
IMGP5277

IMGP5289

IMGP5320
イースター島のモアイ像は正面からの写真やフィルムはよく見るのですが、裏側にも彫刻があるのですね。
IMGP5321

IMGP5322

今回、知らなかった発見がありました。アステカの水晶どくろです。これは当時の技術では作れないOパーツとして有名だったのですが、調査の結果、ブラジルの水晶を使って、19世紀にドイツで作られたものと判明したそうです。結果、アステカの展示館を追い出され、贋作の発見方法のパネルと共に、展示されていました。
IMGP5330
5時間かけて、ほとんどの展示館を訪問し、少しくたびれた足取りで(歩いて)ホテルに向かいます。
地下鉄は便利ですが、歩いた方が発見が多いので、歩くのは好きです。
この日の発見は、
IMGP5360

IMGP5363
残念ながら日曜は営業していないし、時間も遅いので、次の朝に訪れることにしてさらに歩きます。
ホテルの近くで、こじゃれたレストランを見つけます。値段も高くないので、夜はここに来ることにして、荷物を置きにいったんホテルに向かいます。
IMGP5366
これは、警察署かな?ちょっとしゃれていますね。
IMGP5367
ホテルに着いたら、ちょうどPJと鉢合わせ、彼が一緒に食事に行こうというので、先ほどのレストランを提案したのですが、みんながカンデンタウンに向かったのでそちらに行くと主張され、結局、カンデンタウンに向かいますが、彼が道に迷って、途中のイギリス人に僕が道を尋ねて到着したころは、ワールドカップの最終戦をやっていて、営業中の店の多くはワールドカップ客で入る余地がなく、普通のレストランはもう終了ということで、危うく二日食べられないところでしたが、タイレストランががらがらに空いていて、ここで食事にしました。
PJとかかわるとろくなことがないのです(-.-;)

三日目の最終日は、出発が13時と忙しいので、最寄りのキングクロス駅にあるものを見に行きます。
IMGP5371
その後、急いでディケンズ博物館に向かいます。ここは、現在残っている最後のディケンズが住んだ家だそうです。オリバーツイストもここで書かれたということです。
IMGP5396
旅の仕上げは、国立美術館です。
IMGP5407
ルーベンスの絵がたくさんあり、短い時間でしたが、楽しめました。
13時の集合時間の前に食事をしようと、途中見つけたステーキ屋さんに入ります。
IMGP5413
あっという間の三日間ですが、無事、ロンドン旅行は終了で、フランスに戻ります。
IMGP5418

IMGP5428

Powered by WordPress