アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2014年4月20日

marché aux puces à Porte de Vanves

Filed under: つれづれなるまま — い~ぐる @ 8:20 PM

ポルト・ドゥ・ヴァンヴの蚤の市に行ってきました。
一番の目的は、修理に出した鞄の代わりにパソコンを持ち運べるものを探すこと。
次に、ワイングラスとか多少の日用品を探すことです。ここの蚤の市には骨とう品やら古道具やらがいっぱいありますが、アンティーク価格のものも多いので、日用品を探す時には、きれいに展示されているところ以外を探さないといけませんね。
銀のティーサーバーのよさそうなものがあったので、値段を聞いてみたら、これはセットじゃないと売らない。セットで400€だということであきらめました。

DSC_1512DSC_1513DSC_1516DSC_1517DSC_1518DSC_1519DSC_1520

何か所か、ペン用品を売っている店で、ブロッターを見つけました。最初に見つけたのは金属製。でも、今日はとても寒く、金属製のブロッターを持つと冷たく、冬は使えそうもないのでパス。骨とう品のブロッターは65€もするので、これもパス。。と、革製のブロッターが15€というので、10€にまけてもらい買いました。でも、おじさん、下の台付だと言っていたのに、台を袋に入れ忘れてた(^^;)。5€は台の料金だったと思うと安くなってないですね。

その後、じゅうたんを敷いただけのお店で、革製のきれいな鞄を見つけ、いくらかと聞いてみるとおじさんは、英語が全くダメなので、隣のおばさんに助けを求め、おばさんと交渉することに。
これは、Jane Shiltonのバッグで、丈夫でものがいいんだといって、価格は80€といいます。
Jane Shiltonと言われても、全然知らないんですが・・
Poulez-vous faire reduction?
と値下げ交渉します。おばさんは、リダクシオンの発音に一瞬きょとんとした後で大笑いして、リダクシオンの発音を大声で繰り返し、笑いながら僕の背中をバンバン叩いて、60€にしようと言ってくれます。もう少しと言っても、また、Jane Shiltonの話になるので、D’accordといって、交渉成立(笑)
しっかりした革の鞄が1万円ほどなので、悪くはないかな?

その後、隣のDidot駅の朝市に行ってみました。ここには、八百屋さん、肉屋さん、チーズ屋さん、魚屋さんと生鮮物がいっぱいあります。その他、雑貨屋さんや椅子の修理屋さんまで!

DSC_1522DSC_1521

ここでは、プチトマトとバナナを買いました。

今日の戦利品です。
IMGP3717

PCを持ち運ぶことが主目的なので、実際に試してみます。
IMGP3718IMGP3719
いい感じに収まっています。でも、あまりにぴったりなので、いつものように何でもかんでも入れっぱなしにはできなさそうですね(^^;)

部屋に戻って、お昼にピザを焼こうとしたら、キッチンはいっぱいだったので、部屋に戻ったら、使っていた人たちがキッチンが使い終わったと呼びに来てくれました。彼らはギリシャ人で、今日はイースターのお祭りなので、たくさん料理を作るために、全部の階のキッチンで調理をしていたんだとのこと。この後、料理を持って、ギリシャ館でギリシャ出身の人たちが集まってお祭りをするらしいです。
その後、できた料理をおすそ分けしてくれました。(多謝)
DSC_1523

お返しするものがないので、今朝買ったバナナをデザートにと持っていきました。
彼らはそんな必要はないと言っていましたが、気持ちだからと渡してきました。

修理の日

鞄の取っ手が壊れてしまい、こちらでは、自分では修理しようがないので、かばん屋さんに持っていくことにしました。パリ、鞄、修理と検索し、Lyon駅近くの Au Vrai Sallierが修理をしてくれるようなので、ここに向かいます。
IMGP3716
ついでに、こちらに来てからバイオリンのペグが止まりにくくなったので、見てもらおうと、バイオリンの修理を探すと、Saint-Lazare駅の近くのローマ通りにバイオリン工房が並んでいるということで、ここに行く計画を立てます。
経路としては、トラムで、Porte d’Italieに行って、ここから地下鉄の5番で、Quai de la Rapéeに行くと、店まで400m位でよさそうです。LyonからSt-Lazareは、RERのA線をOpéraで3番線に乗り換えればいいと、事前に計画を立てて出かけます。

トラムは、宿の目の前なので問題なく、Porte d’Italieも2つ目の駅ですぐ近くです。が、地下鉄を探しても7番線しか見つからない?駅員さんに路線図を見せて、Où est la cinq ligne?と聞くと、ここは、Porte d’Italieで、5番線は、Place d’Italieなので、こっちのホームの電車に乗って、3番目の駅で乗り換えだよと教えてくれました。

5番線のQuai de la Rapéeからお店まではGoogle mapに頼って、無事に到着です。取っ手と、鞄の底の穴の修理をお願いしたら、取っ手は、裏地を取らずに、穴を開けてポンチで止めるけどいいか?、底は、上からパッチを当てるぞということでしたが、とりあえず、直ればいいのでOK、水曜日にできるということで、名前と電話番号を書いて、受け取りの紙をもらってお店を出ます。
水曜まで、鞄の代わりとなるものを探さなくては・・帰りはLyon駅に回ります。
DSC_1496
そろそろお昼ですが、先に進もうと、Lyon駅からRERのA線に乗ります。Opéraで乗り換えと記憶していたのですが、Opéraは出てこず、何だか駅間がやたらと広くなっている?
La Défense駅に来た時に、さすがにおかしいと降りて、路線図を調べると、Opéraではなく、Opéraに接続するAuberで乗り換えないといけなかったのでした。仕方ないなと反対側にちょうど来た電車に乗って、車内の電光掲示を見ると・・・さらに離れて行っている!
La Défenseからは、支線が3本に分かれるのですが、反対側には、違う支線が来ていたのでした。
今度こそと、行き先を確認し、Paris行き(もうParisではないところにいる)のホームを確認して、戻ります。

Auberで3番線に乗り換え、Saint-Lazare駅に着いた時には、お昼をだいぶ回っています。
DSC_1497
ざっと見まわすと、職場の近くにもあるサンドウィッチ屋さん(Pomme de Pain)があったので、ここで、サンドウィッチ、水、クロワッサンのセット6.60€を買って、店内でゆっくり食べます。
Parisでは公衆トイレを見つけるのが難しいのですが、こういう店には法律で設置が義務付けられているので、安心です。

Saint-Lazare駅の脇のローマ通りを行くと、信号を越えたあたりで弦楽器の工房がたくさん店を並べたエリアになります。
DSC_1498
土曜なので、しまっている店が多いのですが、通りを往復した後で、English Spokenとドアに書いてある店のドアを開け、
Bonjour!
Je veux mon pegs reparer.
と合っているか分からないフランス語で挨拶します。
その後は普通に英語で、日本では問題なかったけど、こちらに来たらD線とG線のペグが止まりにくくなって調整して欲しい。と言って、彼が、乾燥しているからか?というので、多分そうだと思うと答えました。
彼がD線とG線を巻き替えて、これで試してみろというので、試すと、前よりもだいぶ良くなった気がします。
スムースに動くようにするには、石鹸とチョークを塗って調整するんだと教えてくれましたが、石鹸はともかく、チョークはパリのどこで手に入るのだろうと思いながらも、調整ってほどのことはしていないからお金はいらないという彼に、
Merci beaucoup. Au revoir.
と握手して別れました。

ローマ通りには楽譜屋さんもあり、ここで、Federicoに、IMSLPのサイトからダウンロードして、印刷しておくようにと言われていた、Sevcik Ops2のNo.3とNo.5を買います。No.1は印刷したのですが、やはり、こういうのは、本の方が使いやすいし気持ちいいですね。
この店の地下には、棚一杯にバイオリンの本が並んでいます。(もちろん、他の楽器も他の棚にあります)
DSC_1499
帰りは、14番に乗って、Les Hallesで乗り換えるとよさそうですが、ふと、Les Hallesくらいの都会ならチョークを探せるか?とここで降りました。
でも、この近くにはHMとか百貨店とかアパレル系の店しかないですね。Les Hallesといつも使うSaint Michel駅はそれほど離れていないだろうと、そこまで歩くことにし、シテ島を渡ってSait Michelに行きます。
DSC_1509DSC_1508DSC_1505DSC_1503DSC_1506DSC_1504DSC_1507DSC_1502
ここから、いつものRER B線で帰るのですが、昨日、うろうろしていて見つけた陶器屋さんに寄ってみようと、ひとつ前の駅Denfert Rochereauで降ります。陶器屋さんで、スープ(やラーメン)に使えそうな器を1.5€で入手し、その後、もう一つ、昨日見つけて、ここならと思っていたカルフールに行きます。
これは大正解でカルフールにはチョークもあり、食品も非常に種類が多く、久々にもやしを入手しました。
カルフールからPorte d’Orléansまではすぐで、トラムに乗って帰ります。

一日がかりの大旅行(?)でした。

Powered by WordPress