アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2012年1月9日

CDのアップサンプリング

Filed under: 技術的なお話,機材 — い~ぐる @ 5:02 PM

サンプリング定理を厳密に考えると、原音を再生するためには、サンプリングされた音を三角関数を使って畳み込み積分をして、連続音に直す必要があります。
今のオーディオで、CD音質として出回っているものの多くは、これをまじめにやっておらず、単にCDのサンプル音圧をDACでステップ波形に変換しています。
これでは、原音とは程遠い音が出ることは波形を見ると一目瞭然です。

この図の階段状の波形はどちらもサンプリング定理を満たしています。でも、青い線の波形にローパスフィルタを通して平滑化しても、元の波形にはならないことは明らかです。
一つの方法として、DSDに変換して、2.8MHzでステップ上に元波形を追いかける手段があります(SACDと同じです)。ですが、2.8MHzでは、CDの44.1KHzの1周期の間に64ステップしか進まないので、大音量で急峻な音圧変化には追従できません。(おとなしい音になります)

そこで、サンプリング定理の原理のまま、CDの音を4倍にアップサンプリングすることを考えています。アップサンプリングした音は、何かしらの方法で出力しないと聴けないので、USB接続のDACを探してみました。
オンキョウの製品の評判はいいのですが、これは、CDの4倍サンプリング176.4KHzが扱えません。これが扱える製品として、次のものを見つけました。テック USB接続サウンドコンバーター MUSILAND Monitor01US

少し時間が出来たら、CDを取り込んで、4倍にアップサンプリングするソフトを作成し、それをUSB経由で、このDACで出力して音の違いを聴いてみたいと思います。

弦を交換

Filed under: バイオリン製作(kity), — い~ぐる @ 3:36 PM

かなり前から、これはダメだろうという状態のまま、交換を先延ばしにしてきましたが、とうとう意を決して交換しました。
写真のA線だけでなく、全部いっぺんに。

すると、今まで楽器の問題かと思っていた、D線、G線のハイポジションがとてもスムースに音が出るし、フラジオも容易になりました。やはり、定期的な交換は必要ですね・・

Epiphoneとビートルズ

Filed under: ギター,機材 — い~ぐる @ 2:50 AM

ビートルズというと、リッケンバッカーのイメージもあるのですが、ジョン・レノンが愛用していたEpiphone CASINOもとても優れた楽器です。
EpiphoneはGIBSONの傘下になってから、GIBSONの下位ブランドとなってしまいましたが、その分、お得な価格設定でCASINOも最近の円高のおかげか、買いやすい値段になっています。

CASINOの情報を集めていて、ビートルズのギターソロアレンジの楽譜を見つけました。
ギター・ソロ ビートルズの名曲あつめました。(模範演奏CD付)
まずは、これを買って練習かな・・(^^)

2012年1月7日

デジカメのセンサクリーニング

Filed under: つれづれなるまま,機材 — い~ぐる @ 1:15 PM

今使っているデジタル1眼レフカメラは、空や星を写すと、CCDセンターにごみが付着しているのが分かるので、センサクリーニングが必要です。
Pentaxのデジカメなので、ペンタックスフォーラムに持ち込むとクリーニングしてくれるそうですが、新宿までの交通費(往復3千円程)も馬鹿にならないので、クリーニングキットを買うことにしました。

PENTAX イメージセンサークリーニングキットO-ICK1

これで、しっかりクリーニングできるはずですが、カメラのレンズ交換をする時に、ごみを混入させないのも大切なので、部屋のほこりをなんとかしなくては・・(笑)

2012年1月4日

謹賀新年

Filed under: つれづれなるまま — い~ぐる @ 9:56 AM

本年の皆様のご多幸をお祈りします。

子供のいたずら書きのように見えるかもしれませんが、Wacom ペンタブレットでの初作品(?)です。

« Newer Posts

Powered by WordPress