アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2009年2月9日

いにしえの恋文

Filed under: 日記 — タグ: — い~ぐる @ 10:42 PM

近くのダイソーを散策していたら、
「えんぴつで書くいにしえの恋文」という本を見つけた。
どんなのが載っているの?と開くと、
最初のものが、額田王の歌
茜さす紫野ゆき標野ゆき野守は見ずや君が袖ふる
であった。二つめが、この歌への返歌である、天武天皇の
紫のにほへる妹を憎くあらば人妻故に吾(あれ)恋ひめやも
だった。恋文というシリーズの頭に、この二つを持ってくるのは、どうよ…
ちなみに、額田王と天武天皇(大海人皇子)は、結婚して子供までいたのに、兄の天智天皇が額田王を見初めて自分の妻にしてしまったという背景がある。
これらの歌をなぞり書きすることで、ペン習字の練習となって、字が綺麗になるかも?と手に取ったが、ちょっと思い直して、同じシリーズの百人一首を買った。百人一首には罪はないのだが、高校のころ、これを暗記しろという宿題が出て以来、なんとなく疎遠になっていたので、これを機会にお近付きになってみるか(^^;)。

MSの問題?

Filed under: Weblog — い~ぐる @ 7:49 PM

Apple-I互換機のSFLの展開がうまくいかない人がいたので、チェックしていたが、どうやら、USBメモリ上だと展開に失敗するらしい。

とりあえず、HDDにファイルを移動してから展開してもらったが、OSの問題か、マイクロソフトのコンパイラの問題か、区別が付かない。

職場ではなんともならないので、家に帰ってから、USBメモリを使って確かめてみよう。

HDDに持ってきたら無事に動作したので、ソースファイル自体には問題がないはず。

追記:
家に帰ってから、実験すると、確かに再現した。
だが、原因が分からない。
プログラムでは、CreateProcessで二つのプログラムをパイプで接続して起動して、その後ろ側のプログラムが書きこみを行なっている。だけれど、USBメモリ「だけ」書き込みが失敗する理由が分からない。しかも、再現性が悪い。何度か試していると書けたりするのだ。同じことを手動でプログラムを立ち上げても発生しないし、原因追求には時間がかかりそう…

Powered by WordPress