アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2008年5月9日

SFLらしいCPUの記述

Filed under: Weblog — い~ぐる @ 7:49 AM

以前、A社のH社長から、データパスを理解させるためにあえてSFLらしさを抑えていたSNXより、もっとSFLらしい例題があった方がいいと言われていて、それもそうかなと、少しSFLらしく修正してみた。

データパスを明示的に示すための中間変数を廃し、なるべくSFL側でセレクタを自動生成させているので、見た目は多少すっきりしている(はず)。

シミュレーション環境は以前と同じでOK。(テストスクリプトで参照するところは変わっていない)

修正版SN/X

Powered by WordPress