アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2007年6月5日

FPGAに乗るi8086命令互換CPUとFreeDOS

Filed under: Weblog — @ 3:35 PM

せっかくそこそこに動いているIPを埋もれさせるのはもったいないので、開発者と相談して、CPUをGPLで公開することにした。

FreeDOSを動かすための環境は、プラットフォーム依存となるため、公開するのは、CPUとCPUを検証するための小規模なテストベンチだけとした。

シミュレーション実行に必要なもの。

・CygwinやLinuxなどのUNIX系コマンド実行環境
・sfl2vlとnon-profitライセンスコード
・NASM
・Icarus Verilog

などである。詳しくはパッケージ中のREADMEファイルとMakefileをご覧ください。

シミュレーションでは、FreeDOSの実行ができていたし、オンメモリで動作するモニタプログラムはFPGAでも動作していたので、ちゃんと外部回路を作ればFreeDOS on FPGAが実現できる(はず)

Powered by WordPress