アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2006年8月14日

デジカメのファームウェア

Filed under: モバイル — @ 8:07 AM

PENTAXのK100D関連の話を追いかけていて、そういえば、手持ちのコンパクトデジカメ CONTAX TVS DIGITALの最小撮影距離はいくつだったかなぁと、検索してみると、その情報は得られなかったが、ファームウェアのバージョンアップが行われていたらしいという情報が見つかる。

自分のデジカメのファームウェアを確認すると、V1.02である。
京セラのサイトに出ているのは、V1.05でバージョンアップしても悪くない。
というか、組込み機器のファームウェアバージョンアップは、
機能が増えることはほとんどなく基本的にはバグ対策なので、
出来る限りしておくべきだろう。

が、問題は、何が修正されたのか、履歴情報がないのである。
京セラのサイトにはV1.05での修正点は出ているが、途中のV1.03,V1.04で
修正された項目が書かれていないので、累積的に何が変わったのかが
分からない。それとも、同じ項目について、社内で更新して、外部に
出さない形でいきなりV1.05に変わったのか?

とりあえず、変更点の一つ、メモリカードの読み出し時間短縮は
実使用上の便利さ向上であり、歓迎である。

もともと、この情報に行き着いたきっかけとなった、K100Dの話だが、
先日、ヤマダ電機で物を見ようと思ったら、カタログすらおいてなく、
帰りに食材を買うために寄った近くのスーパーの中のカメラ屋で
K100Dの20ページのカタログを入手した。K100Dは中々所有欲を
そそられるカメラに仕上がっているようだ。
(私の場合、コストパフォーマンスが重要)

であるが、何しろ、普段、CONTAXですら面倒で持ち歩かないのである。
そんな人間がレンズとあわせて1kgにもなるようなデジカメを
もって歩くのか?と問われれば、甚だ疑問である。
現在、私がデジカメを使う場面といったら、ブログへの写真アップロードだけであり
その用途なら、CONTAXでも結構がんばっている。
(もちろん、バイオリンを立体感あるように写すというような需要には
残念ながら応えられていないのだが、これは、撮影環境の問題や、腕の問題も
大きく絡むので、一概にCONTAXを悪者にはできない ^^;)

PENTAXのキャッシュバックキャンペーンは10月15日までなので、
そこまでに何かしらの結論を出すことになるだろう。
この日程、中々、微妙な日程案だ。というのも、おそらく、不具合で
LSI再製をしたら、まず間に合わないだろうから、初期不良を抱えたままの
マシンを入手する可能性が高い。
が、コンシューママシンで、あえてLSI再製が必要となるような設計を
するか?といわれると、再製するくらいならファームウェアで機能を
落としてしまうだろうし、一度落とした機能は、その世代内で回復させる
ようなことはしない気もする。

ファームウェアの不具合だけなら、メーカーサイトでファームウェアダウンロード
のサービスで対応してくれるだろうから、何とかなるのかな?
せっかく撮った写真が使い物にならないような不具合があると、
撮影チャンスのほうは、もう一度というわけにはいかないので
問題だが、普通の使い方をしているかぎり、大丈夫だろうか?
(デジカメはすでに、通常の使い方範囲では枯れた技術だろうし)

明るいレンズを欲している私にとって、
PENTAX K100DにSIGMAの30mmF1.4の組み合わせは面白そうと思ったが、
最低撮影距離が40cmだということで、近接撮影の多い私には使いにくいか?
もっとも、最低撮影距離付近でフル解像度画像を撮影して、真ん中だけ
切り出して使えばいいのだけれど・・・
そういったPCを使って操作しなくちゃならないってのは、面倒なんだよなぁ・・
なんといっても、せっかくの明るいレンズでボケ効果が得られるのに、
また、一眼レフで撮影画像のイメージを頭に描きながら絵を決めるのに
PCで加工すると、そのイメージは当然変わるから、最終形体が予測できない
というのが、一番の問題なのだ。

PENTAXのFA31mmF1.9なら最低撮影距離が30cmになるが、こちらは、少し暗いので
(といっても、標準レンズとは比較にならないほど明るいが)、ボケの
出し方に制限がかかる。その上、レンズの価格がSIGMAの3倍はする(←これ重要)

近接撮影を少し我慢するとしても、SIGMAのレンズにはもう一つ問題があり、
APS-C専用なのだ。もし、仮にPENTAXで行くとして、ボディはその先に
買い換えたりする可能性はあるが、レンズは当然使いまわすだろう。
そのときに、イメージセンサがAPS-Cでずっといくとは限らないではないか?
現に、EOSなどでは、APS-Hのセンサーをつけたモデルが出ていたりするし、
将来的に35mmセンサが出てこないとも限らない・・

と、まぁ、色々考えてはいるが、たかが4万程度のレンズにそんなに多くを望んではいけないのだ(笑)

Powered by WordPress