アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2005年9月19日

日本語プログラム言語

Filed under: Weblog — @ 12:02 AM

やはり、中高生向けのものは日本語プログラミング言語の方が
分かりやすいかもしれないなぁと考えながら、せめて変数名でも
日本語対応ができればずいぶん違うかもしれないと、自作コンパイラを
UTF-8対応にしてみた。

良くある失敗に全角スペースを入れてしまうというのがあるので、
全角スペースは無視するようにし、スペース以外の全角文字は
変数名や関数名に使えるようにしてみた。

バックエンドコンパイラはSN/X用になっているが、これをC言語を出力する
ように変更し、brickOS向けの日本語フロントエンドにする手もあるなぁ。

どんな文字コードでも対応するというのは負担が重いので、
とりあえずはUTF-8だけである。
(何が面倒かというと日本語を知らないflexを字句解析に使っているからである)
iconvなどを使って変換すればいいのであるが・・

気が向いたら、制御構文も日本語対応にしてしまってもいいかも?

Powered by WordPress