アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2005年9月9日

ダイソーでMJQのCD

Filed under: 音楽 — @ 11:09 PM

ジャズの200円シリーズの中にMJQのCDがあった。
初めて買ったジャズのLPはMJQで思い入れがあるバンドである。

ほとんど迷わず手にとって購入を決めた。

実は、ダイソーの200円ジャズシリーズは色々あるのだけれど、
よく見ないと収録時間が異様に短いアルバムだったりする。

MJQのは普通のLP並みの収録時間だったし、好きな曲もたくさん入って
大変お買い得感があるものだった。

MJQ=Modern Jazz Quartetであるが、ダイソーのCDの表には
MODEN JAZZ QUARTETとなっている(笑)
(裏やサイドはあっているから単純ミスなのだけれどね)

パソコン関係のWEBでよく見かけるMCJとは全然関係ない(当たり前だ)けど、
なんとなくMCJの3文字を見るとMJQを思い出させるものがあるのであった

気が付けば、次の日曜はバイオリンレッスン

Filed under: バイオリンレッスン — @ 11:02 AM

月に2回というのは、思いのほか早くやってくるのであった。
今回は今までのように前の日だけ練習ということを避けようと
前回のレッスンから2回ほどバイオリンを触ってはいる・・

今やっているクライスラーの「愛の悲しみ」を
クライスラー自作自演集に収録されているクライスラー自身の演奏と
一緒に楽譜を追いながら、自分でも演奏してみるが、一見簡単そうに見えて
中々難しいのであった。

少し前までやっていた、チャルダッシュは川端成道さんのCDの演奏と合わせようとしたけれど、
自分のスピードではついていけなかった・・

iPod nano == 4GBフラッシュメモリ?

Filed under: モバイル — @ 7:47 AM

USBフラッシュメモリで4GBのものは価格COMを見る限り出ていないようなので、
今、4GBのポータブルなメモリを買いたければ、iPod nanoがいいのかも?
HDDタイプでよければ、コンパクトフラッシュの6GBがそこそこの値段で
購入できるのであるが、iPod nanoならそれ以外の用途にも(笑)利用できる。

メディアの数ばかり増えても仕方がないので、当分購入するつもりはないが
4GB程度のフラッシュメモリをお探しの方は、代替として検討可能かも?

自作CPUとコンパイラのエンハンス

Filed under: 組込みシステム — @ 6:48 AM

テキストのCPU用のコンパイラが大きなプログラムを容易にコンパイルできるように
ほんの少しだけ、命令セットの拡張を行った。
ただし、講習会で行う内容に影響が出ないように、テキストにある命令は
バイナリコンパチブルで、クロック数を含めて全く同一となるように実装した。

追加命令を扱えるようにアセンブラも改造したが、
ついでにラベルの自由度を上げることにした。

もともと教育用に作成しているため、シンボルテーブルを持たず
L000から始まる数値を含んだラベルだけを扱っていたが、
コンパイラの拡張に対応可能なようにラベルはシンボルテーブルを
用いて管理することにした。

これらの改造にともない、コンパイラも、前は関数は1つだけしか許さなかったのを
自由に関数を定義して使えるようにした。

もちろん、コンパイラの生成するコードは、コンテストの課題にしていたから
従来のソースコードを与えたときには完全に一致するコードを出さなくては
ならない。

新しい機能をサポートするコンパイラは別に作ったほうが楽かもね。

Powered by WordPress