アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2005年7月29日

CDROMのドアロック

Filed under: 組込みシステム — @ 10:01 AM

LinuxではCDROMをマウントすればドアが自動的にロックされる。
ところが、Windowsでは利用中のファイルがあろうとなかろうと
イジェクトボタンが押されると勝手にCDROMが取り出されてしまう。

LiveCygwinではバッチファイルをCDROM上で動作させているのだが、
CDROMが取り出されてしまうといかんともしがたい!

0xFE01, 0xFE00をCDROMに送ることができるインタフェースがあればいいだけなのだが・・

マイルス・デイビス

Filed under: 音楽 — @ 6:38 AM

マイルス・デイビスの名アルバムSomethin’ Elseもお勧めの一つ
クラシックもジャズも心地よいものは何でも聴くのであった。

クライスラーとチボーのバイオリン

Filed under: 音楽 — @ 6:20 AM

クラシックの名曲を多く作曲したクライスラーであるが、なんといっても、
彼が自分で演奏した曲が残っているのがすばらしい。
クライスラー:愛奏曲集
クライスラー:自作自演集
どちらもぜひ聞きたいCDである。
実は、発注しているのだが、一緒に発注したチボーのCDが輸入版でなかなか入らず
いつまでたっても納品されない(笑)
チボーをあきらめるか、分割にするかしたほうがいいかもしれない・・
実は、その後、チボーのアルバムは高い輸入版以外にも
フランク、フォーレ&ドビュッシー : ヴァイオリン・ソナタ
出ていることを発見。
こちらは24時間以内に発送となっているので、こちらに乗り換え、前のを
キャンセルするか・・

POSIXスレッド

Filed under: 組込みシステム — @ 5:20 AM

MDD教育用の資料を、MLに流したのだが、POSIXスレッドとシグナルを同時に使う
プログラムを自分では書いていなかったので、カーネル機能から推定して
記述をした部分があった。ところが、確認していない部分には「必ず」バグが
潜むものだ(笑)
Pthreadsプログラミングを読むと、シグナルはスレッドのうち、1つだけに
報告されるとある。カーネル本だと同一プロセスグループのすべてのスレッドに
報告されることになっているが、これだとシグナルはスレッド数分だけ発生するので
実際にはPthreads本が正しい。

再度、受講者に資料を送りなおすのも何なので、当日修正としよう。

Powered by WordPress