アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2005年4月1日

SL-A300(リナザウ)での論理設計環境構築

Filed under: 組込みシステム — @ 8:34 PM

sfl2vlを移植した話は書いたが、Icarus Verilogもインストールして実際に論理シミュレーションが動作することを確認した。これで、いつでもどこでも論理設計の環境が使えるようになる。とはいっても、このキーボードレスのマシンで長いファイルを編集するのはとても苦痛なので、電車移動中などの緊急対応以外には使わないと思うけれど、動くのと動かないのは大違いなので、とりあえず良かった。
私の場合、ファイル編集のエディタは当然viである。
このエディタはHP200LXの頃にも使っていたが、PDAとの相性はいいんじゃないかと勝手に思っている。
ポイントは、モード切替型なので、不必要にコントロールキーを要求されない点である。
コマンドモードでは、ほとんどのコマンドがシフトもコントロールも使わずに実現できるので、
仮想キーボードのように操作性が悪い環境ではかなり強力なツールとなると感じている。
(人の好き好きではありますが)

ところで、このSL-A300というマシン、すでに入手はできないらしい。
反射型液晶といい、電池の持ち時間といい結構気に入っているマシンなのだが、PDA市場そのものがかなり狭いので仕方ないのであろう。

のだめ

Filed under: Weblog — @ 12:45 AM

またまたマンガの話で恐縮だが、地下鉄の駅で入手したR25という雑誌に「のだめカンタービレ」が400万部を売り上げベストセラー少女マンガとなっているという紹介があった。これにつられてか、ラフマニノフのCDの売り上げも伸びているのだそうな。ラフマニノフはのだめに出てくるのであるが、何を隠そう私も同じくのだめに出てくるブラームスをダイソーで買っていたりするのであった。
とはいっても、ダイソーで買ったCDがチャートに関係するとは思えないね。
今の時代、クラシックは人気が無いがこういったマンガが起爆剤になると面白いかもしれない。
どこかの少女マンガを巻き込んで、「スーパー組込みエンジニア」の少女マンガを作ると、この分野を目指す女性が増えてくれるのではと思うこともしばしば・・

Powered by WordPress