アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2005年3月15日

コラボレーションは難しい

Filed under: Weblog — @ 11:31 PM

先輩が後輩を指導するなんて当たり前のことができないんだよなぁ。
大した技術でもないのに、他人に隠したがり、そのくせ人のものは
見たがる。「お前はブラックホールだなぁ」って思うけど、まぁ色々な
人間がいるのは仕方がないか・・

DELLのノートPCはなんと割引クーポンサービスまでやっていて、物欲を
かき立ててくれるが、やっぱりどう考えても無駄遣いな気がして買うのはやめよう。
その代わり、MACminiを買いたい気分・・(結局無駄遣いをしたいだけか、お前は)

通信モジュールの試験は置いておいて、ユニットへのアクセスライブラリを
多少整備しはじめた。LinuxとCygwinのgccソースとマイコン用のSDCCソースを
ライブラリ部分は共通化し、プラットホーム依存部分を切り出してみた。
中心周波数の違いによって、PLLへの設定値が変わるから、この部分は
定数にするとまずい気がするが、テストのためにはとりあえずはこれで
いいだろう。参加チームが決まったら、チームごとに周波数を多少変位させ
同じ場所で動作させても電波がかぶらないようにしておこう。

バイオリンの先生が5月の大阪コンサートの動員を心配していたから、
ちょっとだけ知り合いに声をかけてチケット販売のお手伝い。
あのホール400人入るのだけど、チケットを2000円で売って
満席でも80万だから、ホールの賃貸料に足りるのか他人事ながら
心配してしまうね。
その後、4月の横浜コンサートも知り合いがいたら・・との連絡。
こっちも苦労しているのかな。まぁ、去年日本に帰ってきたばかりで
実績も何もないから大変なんだろうね。

Powered by WordPress