アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2005年3月1日

3Vインタフェース

Filed under: 組込みシステム — @ 8:36 PM


飛行船の通信モジュールをPCのパラレルポートから制御するために 5V->3Vの
電圧変換インタフェースを作成する必要がある。さくっと74LS07あたりで
作ろうと思っていたのだが、LSの消費電力は実はバカにならないんで、躊躇。
結局、抵抗分圧で行くことにした。I2Cタイプの双方向インタフェースが
あるのだが、ここは直結するとパラレルポートのプルアップが悪さをしそうなので、
C1815でバッファすることにしよう。
パラレルからどれだけ電流が引けるかが問題だ。1284L2互換であれば
14mA引けるので、通信モジュールの電源はデータ線から供給可能だが、
PC一般のマシンで動作するようにしておかないと、リファレンスデザインとして
使えないから、一応、電源外付けを標準として、自分だけこっそりパラレルから
取り出すバージョンを使ってみよう。

ディスクリート部品が手元にないので、すぐには変換ボードを作れないけれど、
明日、情処の全国大会の前にでも秋葉に行けるかな。

不思議なことに予定はどんどん埋まっていく・・
3月に入れば楽になるはずだったのに、日程厳しいよなぁ~

OLIMEXの基板が出来上がった。
早く作らなくては・・

Powered by WordPress