アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2018年11月3日

RZ50のエアクリーナージョイント

Filed under: RZ50改造,オートバイ — い~ぐる @ 12:25 PM

このところ、高速域の力が落ちている気がしていたオートバイRZ50


バッテリーの調子を見ようとしたら、ふと、エアクリーナーからキャブレターに接続するジョイントパイプが破損しているのが見つかりました。
この部品はゴムでできているので経年劣化で破損しますね。
エアクリーナーの抵抗がなくなるので、キャブレターからの空燃比が変化するので、高速域の不調はこれが原因かも?

ヤマハの部品検索システムでパーツ番号を探すと、MonotaROのサイトで部品が見つかります。
便利な世の中ですね。このパーツだけでは送料無料にならないので、ついでに、クラックが入ったサイドカバーも発注しておきます。

追記:
モノタロウから部品がやってきました。
エアクリーナーダストがボロボロだから、エアクリーナーエレメントもきっとダメだろうと一緒に発注しました。

エアクリーナーを開けると、エレメントは風化してボロボロだし、エアクリーナーの中にクモの抜け殻が落ちています -.-;

とりあえず、発注した部品に取り替えてみました。

走行感覚は悪くなさそう。

タイヤもダメな気がしますが、いつ、どこで交換するのか、検討が必要ですね。

2018年9月16日

バッテリー充電器

Filed under: オートバイ,機材 — い~ぐる @ 8:32 AM

しばらく乗らないと、オートバイのバッテリーは死んでいます。
最近のオートバイは、昔と違って、電子制御が入っているので、バッテリーが死んでいると動きません。
手持ちの充電器で充電していますが、もう少しインテリジェントな充電器がないかと物色中です。

BAL (大橋産業) バイク用充電器 1734

これは、どうでしょうかね?

2018年9月15日

アクションカム

Filed under: オートバイ — い~ぐる @ 10:23 PM

オートバイの走行動画をアップしている人たちが多くいます。
自分の走行を記録するのはいいですね。
アクションカムとしては、GoProが有名ですが、Sonyのアクションカムも手ブレ防止機能が評判が高いですね。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

本体に加えて、ヘルメット取り付け用のアダプタなど、いろいろと買う必要がありますね。

2018年9月10日

オートバイ用インカム

Filed under: オートバイ,機材 — い~ぐる @ 4:40 AM

複数台でツーリングするなら、オートバイ間の連絡が出来たほうが便利ですね。
短い距離なら、Bluetoothのインカムが安くて便利そうです。

LEXINT2 バイクインターコム Bluetoothインカム ワイヤレスヘッドセット ステレオ音質 ナビ音声 ライダーインターホン2機セット

オートバイの調子が良くなって、ツーリングに行く機会が出来たら入手したいものです。

2016年6月18日

また会う日まで、会える時まで

Filed under: オートバイ — い~ぐる @ 6:39 PM

先週、修理から帰ってきて、今日はあるイベントまでバイクで行こうと高速を50km走ったところでいきなりエンジンストール!
路肩に移動し、再起動したので、目的地を目指すも二度目のストール。今度は、インター出口直前だったので、慣性で出口車線に移動し、路肩でキックして、エンジン再起動。イベントは諦め、家に戻ろうと高速を降りたところで三度目のストール。
もういくらキックしても、押しがけしてもエンジンはかからなくなりました。
なんともならないので、販売店に連絡して相談したら、静岡から引き取りに来てくれることになりました。
幸い、横横道路の日野インター近くに、お風呂の王様というスパがあったので、そこで待つことにして、歩道を押して、スパの駐輪場に入れました。
2時間半ほどで、販売店の人が到着し、家まで送ってもらいました。

前回は、4ヶ月入院していましたが、今度はどうでしょう?
お盆に会津までバイクで行く気でいましたが、戻ってくるかどうか‥
バージョン 2

2016年6月14日

アプリリア修理完(?)納車

Filed under: オートバイ, — い~ぐる @ 9:15 AM

2月半ばにアプリリアを入院させ、ようやく先週末、修理完として納車されました。
IMGP1600
四カ月ぶりに対面。やっぱかっこいい ^o^

ただ、本当に修理が完了したのか、非常に怪しんでます。
不具合の現象は、バッテリー電圧低下でおかしい挙動を示した後で、バッテリー残量0となって動かなくなったのに、販売店は、その挙動不良が排気デバイスコントローラの問題だと主張して、これだけ交換しています。充電系は問題ないと言ってますが、それではあの現象は起きないと思う。

納品されて、バッテリー電圧をチェックすると、アイドリングで11.2Vだったので、充電必要だろうと、西湘バイパスや小田厚を1時間ほど走って充電。でも、電圧上がらない。

DSC_2934
エンジン切ると、バッテリー電圧 10.6V! ありえないでしょう?

DSC_2935
バッテリーを外し、部屋に持ち帰って充電します。

販売店の話では、このバイクは、キーを抜いてもバッテリーを消耗するので、使わない時には、バッテリーを外すか、ヒューズを抜いておくようにとのこと。
何ごともひと手間かかるイタリア製のバイクです。

これに対し、アメリカ製のキャバリエ君は絶好調です。
DSC_2941

Powered by WordPress