アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2010年7月1日

森の生活

Filed under: 書籍紹介 — い~ぐる @ 2:01 AM

ソローの森の生活を読み終わった。
ウォールデン 森の生活
2冊しか本を出さなかったソローの、中でも、この本は、近代アメリカ文学の代表作の一つだ。
ただ、バックグランドとなる事項が非常に多いので、注と見比べながら読まないと、意味不明だった。

この本を読み終わって、今日、帰ってから、ふと、エリソンの「小説家を見つけたら」を思い出した。
小説家を見つけたら (ソニー・マガジンズ文庫)
ショーン・コネリー主演の映画にもなった本だけれど、本棚から引っ張り出して、結局、読み切った。
言葉を紡ぐことへのこだわりと、創作の意欲を持ち上げ、一気に書き下ろすリズム感を感じる、この本を読むと、毎回、もっと、色々なことにチャレンジしたい思いが引き立てられる。

ちなみに、先日まで読んでいた、「数学入門」も、楽しい本であった。
数学入門〈上〉 (岩波新書)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Powered by WordPress