アダルト・ヴァイオリン May the force be with you..

2020年10月17日

アプリリアにスマホホルダ

Filed under: アプリリアRS250,オートバイ,機材 — い~ぐる @ 2:18 PM

ナビが当たり前になっている今どき、オートバイで知らない土地に行くのはかなり思い切りが必要でしたが、アプリリアのハンドル周りを見ていて、ふと思いついて、スマホホルダを設置することにしました。

まず、購入したモノたちですが、ステムホールへのマルチバー取り付けキット、ダイソーのスマホスタンド、ダイソーのL金具です。スマホスタンドは1/4インチネジで足と頭部が接続されています。

マルチバー取り付けキットのネジはM8なので、L金具に8.5mmと6.5mmの穴を開けます。ドリルで穴を開けるとバリが裏側に出るので、裏側から大きめのドリルでバリをさらい、ヤスリで仕上げます。

机上で仮組みしてみます。悪くない感じです。

オートバイに設置する実験です。当初、横向きに設置しようとしましたが、鍵がどう考えても邪魔ですね〜

結局、縦にスマホを設置する感じで、USB充電ケーブルも大丈夫そうです。

2020年10月7日

アクションカム用バッテリー

Filed under: 機材,走る — い~ぐる @ 7:02 AM

ソニーのAS300をオートバイの走行動画撮影に使っていますが、バッテリーがすぐに無くなるので、予備バッテリーと充電器を買ってみようと思います。
どうせなら2個同時に充電できるものがいいかも?

先日、晴れた日に足柄峠までお散歩ツーリングをしましたが、これも帰りはバッテリー切れで録画できません。予備バッテリーがほしいですね。

アクションカムの下にモーターバイブレーションスタビライザーというクッションを入れていると、ヨーの変化が大きいので、日曜日にスタビライザーを外して、近所の道を走ってテストをしてみました。こちらの方がいい感じですね。

2020年10月4日

旧約聖書外典

Filed under: 書籍紹介 — い~ぐる @ 10:05 PM

エノク書を探して、この文庫に当たりました。

聖書の外典は、話として聖書よりも面白そうなものも多そうです。

2020年9月29日

防犯カメラ

Filed under: 機材 — い~ぐる @ 7:07 AM

猫の糞害がひどいので、状況をモニタするために、安価な防犯カメラを購入してみようと思います。

彼らの動線がわかれば、対策を検討できる(はず)

2020年8月10日

ビートルズ ホワイトアルバム

Filed under: CDとか,音楽 — い~ぐる @ 12:49 AM

NHK FMの番組を聞いていたら、ホワイトアルバムの曲が流れていました。

赤と青は持っていますが、ホワイトを買っていないことに今更気が付きました

2020年8月9日

エレキギターを安価に組み立てられるか?

Filed under: DIY,ギター,機材 — い~ぐる @ 7:00 PM

アマゾンで部品が案外安く出ているので、いくらあればギターが組み立てられるか部品リストを作ってみます。

まずは、エレキギターの心臓部であるピックアップと配線一式。1,179円!

次にギターネック。1,589円!

ボディはちょっと高い。3,381円

ブリッジは、1250円

チューニングペグ 895円

ジャックプレートとジャックセット 158円+送料190円

この他、配線材とかストリングテンショナーとか、塗料とか必要ですが、お好みで。計8,642円で一通りの部品が揃いそうですね。

でも、完成品で初心者用のセット(アンプ、譜面台、チューナー、ケースなどが付属)が11,900円で買えるのに、自分で組む価値があるのかは微妙か?(笑)

2020年8月7日

Fender社の保守パーツ

Filed under: DIY,ギター,機材 — い~ぐる @ 8:56 AM

元々の設計が合理的なので、パーツごとに保守部品が売られています。

というわけで、以前から興味があった、テレキャスターを保守パーツだけで組み立ててみます。

ネックは、フェンダーメキシコのもの




フェンダーメキシコ 
 ’50s Telecaster”C” Shape Maple Neck

ボディは、フェンダーUSAのもの(同じものは見つからなかったので、ちょっと異なるモデルのリンクを示します)

フェンダーUSA
Telecaster Body

Fender社の正規品なので保証書もついています。

組上げてみると、いい感じです。

昔買ったフェンダー社のジャンクアンプのコンデンサを交換し、つないでみます。

いい感じです(交換前と交換後の比較動画)

2020年8月6日

マーシャルのミニギターアンプ MS-2

Filed under: ギター,技術的なお話,機材 — い~ぐる @ 11:42 PM

おそらく購入したのは20年くらい前ですが、未だに現役で売られていますね。電気製品にしては異例に長寿命製品です。

買ってから、音がどうも趣味じゃないのでほとんど出番がなかったのですが、机の上にちょこんと乗る小ささとオブジェとしても秀逸なデザインに、リビングで軽く音を出すのに使えるかも?と引っ張り出してきました。

ストラトやテレキャスタイプのシングルコイルのクリーントーンはそこそこの音質ですが、ボリュームマックスでも音量が低すぎるのと、低音源がほとんど聞こえません。一方、レスポールタイプのハムバッカーだと汚らしく歪んだ音が出て気持ち悪い。やっぱり、使えない?と思いながら、ネットを漁るとこのアンプの回路図を書き起こしてくれた人がいます。回路図を参考に改造を検討します。

パワーアンプの3ピンのフィードバック抵抗を変更し、パワーアンプのゲインを上げれば、シングルコイルの音量を確保できそうです。それとスピーカーへのコンデンサの容量やパワーアンプへのDCカットコンデンサ容量を変化させて、低音の音量を確保させましょう。問題はハムバッカーの歪みですが、回路上は特に問題となりそうなところは見つかりません。

分解して部品をチェックしていたら、C14のコンデンサの極性が間違って実装してあることに気が付きました!

これでは、まともに動作しないですね。ということで、この部分を修正して、電解コンデンサを全部交換、フィードバック抵抗を小さくして改造終了です。

改造前の試奏動画は

MS-2改造前

次に改造後の試奏です。

不快な歪が消えて、使う気になるものになりました。よかったよかった。ちなみに、回路図には、さらなる改造用にトランジスタまわりに赤ペンを入れていますが、クリーントーン以外で使う予定がないので、オーバードライブ用のトランジスタまわりの改造はしていません。エミッタのコンデンサ追加でかなりのゲインアップになるはずです。

2020年7月24日

Jazzのスタンダード曲集

Filed under: 書籍紹介,音楽 — い~ぐる @ 8:00 AM

The Real Bookという本が世界的に標準的なJazzのスタンダード曲集ということらしいです。

アマゾンにありますが、なぜかアダルトジャンルになっている?不思議だ~

2020年7月20日

ハンダ吸い取り器

Filed under: 機材 — い~ぐる @ 11:47 PM

職場には、電動式の吸い取り器がありますが、リモートワーク中なので、アマゾンさんで探します。


これは、半手動ですが、ヒーター付きなので、安定して部品の外しができる(はず)
Older Posts »

Powered by WordPress